« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月22日 (土)

社会毒

この世の中には沢山の毒がありますが、毒と認識されないように、がんばってる毒のナンバーワンがフッ素かな?以下長尾さん(さとうながお)http://ameblo.jp/elm-dental/entry-11570524110.htmlというフェイスブックで有名な歯医者さんの文章です。この頃は歯磨き粉も「フッ素いり」を自慢げにコマーシャルしてます。これも洗脳です。スーパーのミネラルウオーターも裏を見るとフッ素がわざわざ入っているものも有ります。
フッ素について

フッ素について、知られている毒性を列挙します。
・フッ素は歯牙フッ素症を引き起こす
・フッ素は骨粗鬆症と、高齢者の腰部骨折の増加をもたらす...

・フッ素は若い男性の骨肉腫を増加させる
・フッ素は様々な体内の酵素反応を阻害する
・フッ素は脳の松果体を石灰化させる
・フッ素はメラトニン産生を低下させる
・フッ素は甲状腺の機能を抑制する
・フッ素は子どものIQを低下させる
・フッ素は永久歯の萌出を遅延させる

このような毒物をむし歯の予防と称して用いる、いかなる正当な根拠もありません。フッ素はむし歯を予防しないし、フッ素が無くてもむし歯を予防する本質的で確実な方法が存在するのですから。
 (さとうながお)

| コメント (0)

2014年2月13日 (木)

健康ニュース

最後まで頭がしっかりしていて、静かに亡くなっていった母の遺言通りにお葬式を密葬ですませました。その事を今月の健康ニュースに載せましたので、読まれた方々からおくやみの言葉を頂いています。皆さんありがとうございます。

| コメント (0)

フッ素のウソ

おもしろいもの見つけました。http://wrs.search.yahoo.co.jp/FOR=WmYFgNFV3ijxqfN6uGZfcn0U4aRJOFGTfDg9mx9OhjAs9oLQhptBC1nxa1Ccjp0E3lQZINo_swloOkQVimmVk2jBMqfQGbyN3f1gobViojCFtrZAXg25pPUM3A65WFqkScMpIkagu2jgSsHT3pPAeWNWdtz.hHrelnx90cxYbRGDM9KftGbZUWMZpqnrTRdZDfxbH8rjPhF_c0FdAfrNIW0P4VwoKqz0XS7p5A--/_ylt=A3xTxj9Ah_xSDMwAYtSDTwx.;_ylu=X3oDMTEyZ2tuOW90BHBvcwMyBHNlYwNzcgRzbGsDdGl0bGUEdnRpZANqcDAwMTE-/SIG=124ngkbl5/EXP=1392382208/**http%3A//mendusa.blog.fc2.com/blog-category-2.html

自分でちゃんと調べないと大変。

| コメント (0)

2014年2月10日 (月)

クチュカレ

毎週水曜日のクチュカレ、3月4月号http://cutuecutue.jimdo.com/が出来ました。予約受け付けも始めましたので、お早めにお申し込みください。

「食にこだわる!」「食事でしか病気は防げない・治せない」そんな心意気で活動してます。日常にあふれかえっている「薬害と公害」を一緒に学び、対処法を考えましょう。クチュクチュは皆の知恵が広がっていくことを願う活動です。

| コメント (0)

2014年2月 7日 (金)

フッ素裁判

1週間前、先週の土曜日に鹿児島であった養護の先生方の勉強会に参加してきました。元旭川の市議の村岡さんが歯医者さんが家族にはフッ素をしてない、ということを調べ、それを公表したら、「名誉毀損」で歯科医師会から訴えられた。そしてその裁判に勝訴した、その報告の勉強会でした。その報告はまたゆっくりと。下は某歯医者さんの文章からの抜粋です。家族の身体は家族でしか守れない社会です。
フッ素とワクチン

仕事柄フッ素のことを調べていると、フッ素の毒性や危険性に愕然とします。ヒ素よりも危険なフッ素がこんなにも世の中に溢れている事に、深刻な危機感を持っています。フッ素は非常に危険な猛毒であり、たとえ微量でも摂り続けることで体内に蓄積していきます。そして中枢神経や松果体、甲状腺、骨肉腫、腰骨骨折などに影響を与えるのです。

このようなフッ素を公衆に広めることは、とても正気の沙汰とも思えませんが、残念ながら日本歯科医師会や厚生労働省はフッ素化を推進し続けています。そして一方的で恣意的に操作された情報をメディアを通じて伝えることによって、フッ素があたかも良いものであると思わせようとしています。

フッ素に対するこのような世論操作をみていると、フッ素とワクチンの構図が非常に似ているという事に気が付きます。どちらも厚生労働省が摂取を推進していること、その危険性や為害性についての公正な...情報が与えられないこと、そして何より問題なのが、実際に健康被害が起こった時に、因果関係不明として一切の責任を取らないことです。

皆さんが日本歯科医師会や厚生労働省の言ってることを鵜呑みにすることは自由ですから、好きにしてもらって結構です。ただしそれで健康被害が起こっても、国も医療機関も、どこも一切責任を取ってはくれませんから。ワクチン接種後死亡した例や重篤な副作用が起こった例であっても、国はワクチン接種との因果関係は不明として、一切の補償を行ってこなかったことを知るべきです。同様にフッ素の被爆によって健康被害が起こっても、厚生労働省や日本歯科医師会、現場の歯科医院などで何らかの補償が行われることなど、決してありません。なぜなら、フッ素による健康被害が起こった場合、必ずフッ素との因果関係は不明となるからです。

そして、世界中でフッ素による健康被害は実際に起こっていて、日本でももちろん起こっているのです。そしてもちろん、国がフッ素との因果関係を認めて補償した例など、ただの一つもありませんよ

| コメント (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »