« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月18日 (金)

ひょうそう

爪の横にバイ菌が入って赤く腫れる症状で、一般的には抗生剤の内服や外用で治療します。ひどい場合は切開することも。しかしこの症状にはお灸がとても効きます。

一昨日、栗を剥きすぎたのか中指の爪のワキが赤くなり、痛みがありました。風呂上がりに、棒お灸をモヤして患部近くに数分間当てただけですが、翌朝はきれいに治っていました。モグサの効果と温めるて血液の流れが良くなったことの効果だと思います。

対処療法の西洋医学より本物の治療はこちらです。

こんな手当を誰でも知ってれば、日本の医療費は簡単に減らせる。

ケガ、ヤケド、打ち身の場合も有効ですので、お尋ねください。

| コメント (0)

2013年10月16日 (水)

砂糖の話し

今日のクチュカレ健康講座は「砂糖」。

Img_1472

以前、荒尾の「わがんせ」で話をさせていただいた資料を使ってお話しました。今日は最初、理論的な部分の話を主人がデータを使って話してくれたので、随分と分かりやすい話しになったと思います。バヤリースを作る実験ではたっぷりの砂糖水がビタミンCとクエン酸のおかげでさっぱりさわやかなジュースに早変わりしました。さわやかな味のジュース!皆さん用心してください。砂糖の影響はさまざまあります。イライラさせる、骨をもろくさせる。肌荒れ、口内炎、痴呆・・・。しかし「砂糖は麻薬」と言われるくらいやっかいな食べ物です。家族の為に砂糖の害にも注意してください。

| コメント (0)

2013年10月11日 (金)

歯医者さんからの情報です

永久歯の萌出遅れ

フッ素の為害性において、実はあまり知られていないことの一つに永久歯の萌出遅れがあります。要は、フッ素は永久歯の生え代わりを遅らせるというものです。心当たりのある人、結構いるんじゃないですか?

旧西ドイツのドイツ・ガス水道協会が発行した「飲料水フッ素化のための証明記録」というものがあります。これは、ドイツにおける水道水フッ素化の無効性と有害性について、ドイツ人らしい科学的批評を行った文章であり、これを理由に以後ドイツで水道水フッ素化は行われていません。ちなみにフランスやイタリヤなど、他のヨーロッパ諸国でも水道水フッ素化は現在行われておらず、WHOの指針に対しイタリアの環境大臣は公然と批判を行っているくらいです。こういうことも、もちろんフッ素推進派の先生方は皆ご存知でしょうけど。...

話はそれましたが、この西ドイツの証明記録の中でフッ素化のむし歯予防効果のトリックが、まさにこの永久歯の萌出遅れにあると検証しています。そりゃ、生えていない歯はむし歯になりませんからね。そして永久歯の萌出遅れを考慮して統計データを処理してみると、フッ素化地域と非フッ素化地域のむし歯の罹患率に差が無いという事が示されたのです。であるのなら、フッ素が必要な理由など何もありませんよね。

そしてもちろん日本でもフッ素による永久歯の萌出遅れはよく知られています。そして我々が留意しなくてはならないことは、永久歯の萌出を遅らせるようなフッ素の作用はまた、全身の他の問題もまた引き起こすであろうという事は、想像に難くないという事です。そう、中枢神経への作用、骨肉腫の増加、ガンの増加、甲状腺への影響、高齢者の骨粗鬆症と腰部骨折の増加などなど、フッ素が関係していると考えられる様々な悪影響との関連を考えるべきなのです

僕は常々むし歯は実行可能で確実な予防法が存在すると述べてきました。そしてむし歯予防にフッ素は全く必要ありません。もしあなたのお子さんの永久歯の萌出が遅れているのならば、それは今まで使用してきた歯磨き粉に入っていたフッ素や、学校などでのフッ素洗口、歯科でのフッ素塗布が原因かもしれませんよ。

| コメント (0)

2013年10月 7日 (月)

収穫

Img_1461昨年はお手玉に入れる、数珠玉を捜すのに苦労しましたが、今年はうちの庭でちゃんと収穫できそうです。

Img_1456

心配していた大豆も実が入ってきました。もうすぐ収穫です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 2日 (水)

内海聡先生講演会

毎年11月3日に「いいお産の日」の催しを開催してまいりましたが、今年は「お産」に限らず「健康を丸ごと考えたい」の思いで若いお医者様、内海聡先生を東京よりお呼びして、講演会を開催します。https://www.facebook.com/satoru.utsumi

内海先生は「クスリで病気が増える」を実感され、「断薬」の為のクリニックを開設されています。医療現場に居る人は誰もが、この日本の薬漬け医療をおかしいと思っています・・・・が、止まらない現実。内海先生は「1割の本当に必要な医療を守るために、もうこんなことは止めよう!」とおっしゃいます。

今月中旬よりチケット販売いたします。今、最も人気の先生ですので、お早めにお求めください。定員になり次第、締め切ります。http://utsumi-satoru-tamana.jimdo.com/

| コメント (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »