« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月27日 (金)

中華

自然食品の新製品が入荷しました。

Img_1447

餅米肉団子・野菜餃子・肉餃子・海鮮餃子・一口餃子・豚まん 315円~

冷凍庫にありますので、スタッフにお声かけください。

| コメント (0)

2013年9月26日 (木)

大豆畑

今週は毎朝、主人と永岡さんの畑に草刈りに行ってます。

Img_1445

今日で上の畑はほぼ終了。あと下の段の畑が半分くらい残ってます。ほこった大豆の畝の間を這うようにしてカマで草を刈っていくのがここちよい。今年はどれだけ収穫できるのか、楽しみです。

本日の健康教室「添付文書を読もう~四種混合・インフルエンザワクチン~」の資料の必要な方はお申し出ください。

| コメント (0)

2013年9月24日 (火)

ため息

10月下旬から近くの清里小学校で「フッ素洗口」が始まるということで、改めてフッ素の事を調べてみると、過去にフッ化物による事故が沢山起きている。もし「フッ素のことを自分で調べなさい!その結果、我が子にさせるかどうか判断しなさい」なんて通知が来たら、誰もさせないだろうという位、闇の部分が大きい。http://www.naturalnews.com/041883_Syria_chemical_weapons_sodium_fluoride.htmlこれはシリアの化学兵器の原料はフッ化ナトリウムという記事。

フッ素には原発と同じ構図が隠れている。フッ化物を子どものむし歯予防に使うのはサリンの原料になるフッ素をカモフラージュするため。推進する人達、自分の頭で考えてください!

| コメント (0)

2013年9月17日 (火)

8種類の薬

以前にも書きましたが、88になる母は今年の1月4日まで8種類の薬を長年まじめに飲んできました。でも、あちこち体調が悪い。鹿児島から玉名のシルバーマンションに越してきて、母の日常を見ていると、体調の悪さは薬害かもしれないと考え、一つずつ本人の責任のもとに減らしていきました。結果、今ではクスリがゼロになりました。体調は・・・困っていたほとんどの症状が治ってしましました。胃の不調、体全身のかゆみとじんま疹、足のむくみ・・・もっと書ききれないくらいです。血圧が低いのに降圧剤を長年飲んでいた、心臓の発作が出たら心配、ということでそれも飲んでいた・・・その他沢山のクスリが母の健康を損ねてしまっていたようです。しかし「胃がちょっと・・・」や「久々にかゆみが・・・」という事は時々あります。そういう場合はそれに合わせた漢方薬を持っていくといつのまにか治ってしまってます。

体調が良いので病院に行く必要がないのですが、「かかりつけ医」を決めなさい!と言われています。体調のいい人もいつもから病院のお得意様になっていないと、いざというとき診てもらえないそうです。本当は不要な受診が経り、必要な人が必要な時に診てもらうのが医療の本来の姿だと思うのですが・・・。

| コメント (0)

2013年9月16日 (月)

大豆

「大豆の花が咲いている間は畑に入ったらダメ!」と自然農法の永岡さんの言葉。

久々に畑をのぞいて見ると実がふくらんで枝豆に成長。

Img_1434

Img_1435

目印の札も全く見えない状態です。がんばって成長してくれています。それにしても今年は雑草が目立たない。大豆が年々たくましく、強くなってきたせいでしょう。手をかけ過ぎないこと!自分自身、大事な事だと思います。

はたけの土作りは子どもの食事を整えて、健康な腸を作ってやることににています。土台が重要。

この畑は農薬を使いませんが、肥料も一切使いません。お金のかからない農業です。

| コメント (0)

2013年9月11日 (水)

母乳と虫歯

耳鼻科の先生から授乳を止めなさいと指導があった、とのご相談。子どもさんは1歳6ヶ月。お医者様がおっしゃるには「母乳を夜中にやるとむし歯になるから」とのこと。

こういう専門家が多いので日本母乳の会から「母乳と虫歯」という本が出ているくらいです。母乳を飲む動作に注目しましょう。頻回に飲むことで、あごが発達し、しっかり噛める子に育ちます。長期間、母乳をやることは、むし歯予防になるのです。母乳の成分の乳糖はむし歯にはなりません。むし歯菌が好むのは乳糖ではなくしょ糖です。甘い物はむし歯になります。原因が違います。

今週金曜日13日13時15分~助産師寺田恵子さんの母乳育児の会があります。こちらでも詳しいお話が聞けます。今回は申し込みが少ないので、ゆっくりお話が聞けますよ。

Img_1424

本日のミニクッキングで作った「水イモの茎と揚げの煮浸し」

| コメント (2)

2013年9月 6日 (金)

クチュクチュお灸教室

昨日のお灸教室の様子。

Img_1422

お話の後の実技です。こちらの温灸タイプと直にモグサをひねってすえるものと、それぞれの症状に合わせて教えていただきました。お灸は専門家にしていただくものではなく、自分や家族が自分の病気を自分で治す!そういうものなんだと思います。

西洋医学は専門家に治してもらうところから出発しているので、そこに大きな違いがあります。自分の内側に原因を見つけて、自分で治すと、完治する病気は以外と沢山あります。先ほども、アレルギー性鼻炎の方が「病院では治らないと言われた」とおっしゃっていましたが・・・。当店に来られている方々は自分で治っていかれています。実際、私も以前はひどい鼻炎でした。原因は自分の内側にありました。

| コメント (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »