« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月29日 (木)

そよかぜ学童バザー

日時:12月2日(日)11時~14時

場所:JA三池支所駐車場(雨天時普光寺近くの大塔公民館

子供服・日用品・フライドチキン他食べ物

子ども達が自分で考えてお店を出します。子供服は激安ですよ。

Img_0767

こちらは永岡自然農園の大根(皮が薄くすぐ煮える、みずみずしい、とてもおいしい大根です)

当店で今販売しています

| コメント (1)

2012年11月27日 (火)

台湾茶教室

本日のクチュカレ台湾茶教室、ステキな癒しの時間でした。

Img_0761

講師の渡辺さんのお人柄のお陰のおかげもあって、お茶がこんなにも香り高く、おいしいことを知りました。台湾の阿里山にお茶摘みに行かれたときの様子を写真で見せて頂きながら、台湾のお菓子やお食事の話も沢山聞けました。体にやさしい、ハトムギや小豆、なつめ、クコ等の入った蒸し菓子も目の前で作って頂き、それはそれは自然な甘みで美味しかった。

台湾では茶摘みが春、夏、秋、冬と季節ごとにあり、それぞれに味が違うことも初めて知りました。台湾から取り寄せた、無農薬の高級なお茶を何杯も何倍も飲ませていただき、又、台湾で定番の手作りの「茶梅」という菓子も頂きました。(この茶梅、台湾でも添加物なしを探すのは難しい!今日は作り方まで習えたので、来年の梅の時期にこれが作れます)

彼女はパリのお菓子屋さんで仕事をされた経験もあるので、フランス菓子講座も今後して下さるかも知れません。

| コメント (0)

2012年11月26日 (月)

台湾茶教室

明日の台湾茶の教室、あと1~2名の余裕がありますので、興味のある方は今日6時までお電話ください。お子様同伴でもいいですよ。

今回の講師の渡辺さんは無農薬の台湾茶の茶摘みにも行かれている方で、お菓子に関しては元々フランス菓子が専門(フランスで勉強されています)です。生クリームや玉子を多用するフランス菓子もおいしいけど、それらを使わない台湾のお菓子のほうが自分の身体にはあっているかもしれない、そしておいしい!ということで台湾のレシピに忠実に勉強を重ねていらっしゃる方です。

台湾のお話、フランスのお話、和菓子のお話(和菓子のお店経験もあられます)、興味深いお話とおいしいお茶、お菓子の味わえる講座です。

| コメント (0)

2012年11月23日 (金)

3連休

世間では3連休。

今日も明日も当店は開けてます。

口のケガに源液ドリンクで効果があった症例を一つ。

近所の方。唇を縫うほどのひどいケガ。食べ物も食べられず、源液ドリンクを1日2本。お医者様の言われた日数の半分で完治し、抜糸。後も残らず。お医者様もびっくりされたとのこと。

| コメント (0)

2012年11月22日 (木)

大豆の脱穀

味噌を作る大豆を栽培したい!と始めた、大豆栽培。

本日念願の脱穀。

Img_0743_1

37㌔収穫できました

Img_0747_1

脱穀機に入れて

Img_0746_1

飛ばされた大豆を拾って

自然農法の永岡さんのおかげで、草取りも簡単。便利な機械の力も借りて、無事無農薬、無肥料の大豆が出来ました。

来月のクチュカレ味噌教室はこの大豆と自然塩、無農薬の永岡さんの米を使って作ります。お楽しみに。(こちらは定員になりました。キャンセル待ちをお願いしています。)

| コメント (0)

2012年11月21日 (水)

講演会のお知らせ

11/30(金)6時20分~

場所:大牟田文化会館小ホール 前売り500円(当日600円)

講師:藤田祐幸さん

「フクシマ後の時代を生きるために」

藤田さんは放射能が人体と環境に及ぼす影響をいち早く訴え続けてきた方です。福島から離れた九州では放射能のことを忘れてしまいそうな日常ですが、流通で、瓦礫の焼却で・・・放射能の影響は誰もが避けられなくなってしまいました。衆議院が解散して、各議員は原発についてどう考えているのでしょうか。そのためにも、是非聞いていただきたいお話です。

Img_0721

昨日の娘の弁当 ちらし寿司弁当

| コメント (0)

2012年11月17日 (土)

干し柿

前回作った干し柿が好評で、お正月までもちそうにないので、今年2度目の干し柿作り。

Img_0711

50個の柿をもくもくむいた。

昨夜の強風と雨で軒下に干した柿が少々心配ですが、たくましく育てたほうがおいしいと思うので(ただめんどくさいのもある)今回もほっぽったまま。

Img_0710

かなり散らかってきていた、すぺーす沼山を片付けました。

遊びやすくなったよ。

30日(金)はクチュカレ、「バーストクーク」を開催。病院出産と自宅出産の両方を経験したOさんのお話が聞けます。

23日(祝)の玉名牧場ツアーは定員になりました。

| コメント (0)

2012年11月15日 (木)

原発・フッ素・牛乳・遺伝子組み換え・TPP

もうとっくに分かっていることだけど、構図は全部一緒。

戦後の給食に牛乳とパンを導入して、日本の食生活を和食からアメリカ式に変え、生活習慣病が蔓延して、その医療費を下げるために必死で日本型食生活の復活をはかっているのが今。(ご飯に牛乳という誠に不思議な味覚教育の給食は今でも健在

原爆の落とされた国に核の平和利用とかなんとか言って、安全神話を作り、そのはてが今。

遺伝子組み換え・TPP、どれもこれも大国Aに逆らえないが為の結果。

戦後、自国で余った牛乳を日本の子ども達に配ったように、脱フッ素の世界の流れの中で売れなくなったフッ素を日本の子ども達の口に入れさせようとしているのに、法律まで作って、義務教育の中で導入しようとしている、政治家や行政。

本当の事を言う人は誰か、ちゃんと見極めないと大変なことになりますよ。Img_0705

今朝の弁当

しらすご飯・一口カツ・おでんの人参と椎茸・水菜とキクラゲの胡麻和え

| コメント (0)

2012年11月14日 (水)

産前産後

産前産後の時期、ゆったりとふんわりと過ごしてほしい。

そんなこと、仕事(家事・子育てを含めて)をしながら無理!と思われる方も多いと思いますが、「子どもを大切に」と世間で(表向き)言われているので、子どもの為に!!ということで遠慮なく主張したほうがいいです。

目を使わない、メールより電話で、パソコン、テレビを見ない。今の生活では無理かもしれないけど、家庭に電話が1台しかなかったころの不自由な暮らしに戻って、もっとさかのぼってお手紙で連絡を取り合うくらいの、悠長な暮らしにこのチャンス、戻ってみては。

「日本ほど家族を大切にしない国はない」とおっしゃったMさんの名言が、昨日Kさんとの会話で話題になる。彼女の祖母が亡くなったその日、それを取り仕切るのは彼女しかいない家庭環境だったのに、職場が休みをくれなかったこと・・・。大きな組織で一人の歯車も止められなくなってしまっている、世知辛い日本。

産前、産後、人が死ぬとき、もっとゆったりふんわりしたいと自分に言い聞かせています。

Img_0703

今朝のお弁当 焼き芋・ピーマンの麹炒め・ハム・おでんの大根と椎茸・明太子・ちりめんご飯

| コメント (0)

2012年11月13日 (火)

寒くなったら麹が発酵しにくいそうですが、想像以上にうまく行ってます。

Photo

真っ白に麦が麦麹になりました。

味噌を仕込むなら今です。

| コメント (0)

頭痛

先週のイベントの翌日、左のこめかみが痛い。重い。

半日様子を見たが治らず、こんな時こそ漢方薬の効果を見ようと、イチョウエキスとオタネ人参を飲んでみました。しばらくして痛みがとれていることに気付く。

この同じ処方でめまいにもよく効きます。西洋薬で効果が望めない方もお試しください。

| コメント (0)

2012年11月10日 (土)

いろいろ

「いいお産の日」が終了しても、毎日のように行事があったんですが、昨日と今日は店を離れてプライベートを満喫。

金曜日の夜、憧れのMさんとの集まり。夜、同窓会の2次会に合流。サークルの同窓会で、その日は一番年下。学生気分そのままに、すべて先輩方におごってもらう。先日の講演会で三砂さんが「身体は老けていくのに、中身は二十歳のまま」ホント、その通り。昔付き合ってた彼女の事が気になって○さんは今も彼女の幸せを願っているようで、いい人のまま。

ビジネスホテルに一泊して、そのままMさん指導の「ゆる体操」へ。これがおもしろい。「ゆるゆるゆる」「くねくねくね」といいながらのヘンテコ体操ですが、時代がまだこれについて来ず。10年先に社会に認められるだろうとのこと。

今年は熊本市内のビジネスホテルにいろいろ泊まりましたが、安くて、快適で、駐車場が近くて、ベッドの質がよくて、と総合すると、本日のOホテルが№1。

| コメント (0)

2012年11月 8日 (木)

わらべ歌

クチュクチュカレッジの最初で「わらべうた」を歌っています。

Img_0689

やさしい歌ときれいな色のシホンに赤ちゃんも子どもも注目します。

お料理教室の前にもわらべ歌でみんなご機嫌。お野菜全てがおやつ!というお話をしながら赤ちゃんもママもご機嫌な時間が流れて行きました。

| コメント (0)

2012年11月 7日 (水)

味噌教室

少し気温が低くなって、麹の発酵が進みにくい。が、それはそれで、たくましい麹が出来ているような気がする。覚えた麹発酵を少しでも多くの人に伝えたい。

Img_0682

1時間浸水した丸麦

Img_0683

中華のせいろは効率がいい!

Img_0684

熱を冷まして麹を振る。

皆さんこの状態でおうちに持ってかえっていただき、家で育ててもらいます。

数日後に煮た大豆と混ぜて味噌を仕込みます。

全ての素材にこだわったおいしい味噌ができますよ。

明日はクチュカレ、ミニクッキング。今回は申し込みが少ないので、もう2名くらいは大丈夫です。

| コメント (0)

2012年11月 6日 (火)

天才

まだ、歌を一度しか聴いたことがないし、お話したこともないけど、この人はhttp://hiraimasaya.nelco-web.com/天才だと思います。

| コメント (0)

麦麹

3日前に蒸した麦が麹になりました。

Img_0675

明日の味噌作り教室はこの麦麹の作り方からします。

10日(土)10時半~は出来上がった麹と蒸した大豆を合わせ3㌔の味噌を仕込みます。

で、今回の味噌教室は明日と土曜日の2回に分けて行いますので、2日参加の方、どちらか1日だけの方、という感じで対応できます。まだ申し込み大丈夫です。

味噌もですが麹作りにもはますよ。何かしら、子猫を育てているような感じ。面白い。

| コメント (0)

2012年11月 5日 (月)

昨日の講演会

昨日はほとんど講演会も座談会も聞いてないので、たいしたコメントができませんが、皆さんの感想を読ませていただいてなんとなく分かることを。

まずとても遠くから、高速や新幹線を使って来られている方が沢山。荒尾玉名地区(大牟田市も含んで)の方が6割、それ以外の県内が2割、遠く天草や八代からも来てくださいました。残りの2割が県外の方で大阪から、佐賀から、宮崎から、長崎からも。三砂さんのフアンの方、クチュクチュが好きと書いていただいた方、ありがとうございます。

チラット聞いた講演の中で、少し言葉が違うかもしれませんが「現代の医療は、病気はあなたの性格が悪いせいでも、先祖供養をしなかったせいでも・・・なく、菌のせい、と言ったこと。」ご自分の家族のことやマイケルジャクソンが好きなことや、大きな声を出した子どもにかけられた優しくて、クスット笑える一言。

三砂さん大好きの方が座談会にも予想を超える数、集まって頂き、サイン会も列が出来るほど並んで頂きました。

お召しになっていた着物は秋色の緑色に黄色く色づいたイチョウの帯。背中には鶴の紋。半襟の色もステキで、着物姿にもうっとりしました。以前書かれた「着物とからだ」の著書。こちらも誰も言わなかったけど、納得、そうだよね!と思うステキな本です。

| コメント (0)

2012年11月 4日 (日)

いいお産の日in荒玉

いいお産の日in荒玉2012、終わりました。ご参加いただいた皆様ありがとうございました。

200名を越える方々にご来場頂きました。ご夫婦でご参加された方、ご主人が子守をして下さったおかげで、参加できた方・・・いろいろでしたが、皆さんの心の中に、お産や家族についてのあたたかい思いが沢山つまった催しになりました。

Img_0665

Img_0666

Img_0668

三砂ちづるさん、今日も潔く、粋で格好良かった。

この秋発売の本「不機嫌な夫婦」「抱きしめられたかったあなたへ」とてもいいです。

| コメント (2)

2012年11月 2日 (金)

お灸教室

本日のクチュカレのお灸教室。今井鍼灸院の今井智江先生にお灸の入門編の講座をしていただきました。

Img_0563

始めにお灸の基礎のお話。

Img_0564

その後、一人ずつ気になる所を改善するために実際にお灸をすえていただきました。

今井さんが双子ちゃんを妊娠、出産された時のお話も興味深くて面白かった!お灸を毎日すえて、2500㌘ずつの元気な赤ちゃんを普通分娩されたそうです。

| コメント (1)

2012年11月 1日 (木)

お灸教室

明日からクチュカレ、11月がスタートします。

Img_0557

定員を超えるお申し込みありがとうございます。

明日の講師の今井さんは、知り合ったのが当店の「むし歯予防」の健康教室への参加でした。フッ素に疑問や不安をお持ちで参加されて、その後前々から尺八をされていて、主人の元に習いに来られるようになって・・・。鍼灸院を開業されていることから、今回の講師をお願いしました。

鍼灸や漢方など、日本に昔からあった医学がドイツの医学が主流になって依頼、何だかへんなもののように見られてしまう世の中になって、今でも効くかもしれないし、効かないかも知れない、くらいの認識の方が多いと思います。そんなことないです。西洋医学のほうが、対処療法しかない、根本治療は無理、と私は実感しています。フッ素や予防注射なんて、まだまだ試行錯誤もいいとこです。

日本食が見直され、マクロビオティックが注目されてきたように、伝統医療が復活できたら、そんなことを期待しながら「お灸教室」を開催します。

| コメント (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »